Category : 新潮社
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 夫から突然、好きな人ができたと離婚されたマギーが再び惹かれた男性―
 
 それは初恋の人の息子だった....


”恋するときめきもういちどあなたに”

 ..とありますが。
 確かにあの感じ...恋が上手く成就するかしないか~の綱渡り状態のドキドキ感、
 高揚感が味わえます。
 誰しも経験あると思いますが。
 主人公マギーが息子ほどの年の差の相手に恋してしまったというためらい、怖気ずく様子がリアルに伝わってはなんとも独特の雰囲気が漂ってます。
 さらにカナダの自然美の美しさと、マディソン郡の橋に若干類似したある種の切なさと追憶がない混ぜになり..胸に響いてくる..。
 中年になってもこんな恋愛ができる、求められるマギーって女性として幸せだろうな~って部分半面、(全くその母親視点には触れられてないが)その息子の母親の立場から考えたら辛くて惨めだろうな、、、と思わずにいられない、現実にはまずありえないような夢物語”年の差恋愛作品”。
 後半のエリオットのプライドによる仕打ちには、ちょい、ジーンと来ちゃいましたが。
 あのドキドキを堪能してみたい方に―。  
 
ハーヴェスト・ムーン
新潮社
K.C. マキノン(著)K.C. McKinnon(原著)小沢 瑞穂(翻訳)
発売日:1998-11
おすすめ度:5.0

  
  夫から突然、好きな人ができたと告白され、
  四十代半ばにして独りになったマギー。
  昔バイトをしていたカナダの小さな町に旅立ったマギーが出会った奇跡―
  それは初恋の人の息子だった…。
  

    おすすめ度 ★★★★  HOT度 

   +++++++++ここから ネタバレあり+++++++++++ 
スポンサーサイト

 十数年の結婚生活に倦怠感を感じつつ平凡に暮らしていたなあるパイロットの妻が、
 夫の謎の死により衝撃の事実をつきつけられる痛切な物語!
 痛みを乗り越え再生へ向かう妻キャサリンと、それを取り巻く家族愛、パイロット組合から派遣されケアに徹するロバートの人間描写が絶妙かつ丁寧に描写され、これは意外と楽しめました。 
 
パイロットの妻 (新潮文庫)
新潮社
Anita Shreve(原著)高見 浩(翻訳)
発売日:2005-11
おすすめ度:4.5

 [楽天ブックス] [Amazon.co.jp] オンライン書店ビーケーワン


   ある深夜、突然ー
   機長である夫が操縦する旅客機が、
   墜落したという訃報を知らされ
   残された娘と共に途惑う妻キャサリン。
   さらに夫が遺した謎のメモが意外な事実をつきつけることに....。
   全米で280万部を突破した痛切な長篇!!
  
 
   おすすめ度 ★★★  HOT度 

   +++++++++ここから ネタバレあり+++++++++++  
 極寒の中、しかもずっと気になっていた人と閉じ込められてしまったら?
 期待していたサンドラのサバイバル作品は、今回も予測つかない展開あり、思わぬどんでん返しがとても巧妙で最後まで気が抜けません。
 かなり”エグイ”脇役達にはかなり引き気味でしたが。。 

  
氷の城で熱く抱いて 上巻 (1) (新潮文庫 フ 31-24)
新潮社
法村 里絵(翻訳)
発売日:2007-02
おすすめ度:3.0

 
氷の城で熱く抱いて 下巻 (3) (新潮文庫 フ 31-25)
新潮社
法村 里絵(翻訳)
発売日:2007-02
おすすめ度:3.0

  冬の荒が接近するクリアリィの町―。
  リリィは離婚のため売り払ったコテージの整理に訪れていた。
  帰り際、飛び出してきた男を偶然はねてしまったリリィ。  
倒れていたのは去年の夏以来、密かに惹かれていたあの男だった..。
  引き帰したコテージで2人のサバイバルが始ることに――。
 
  
 
   おすすめ度 ★★★  HOT度 ★★★

   +++++++++ここから ネタバレあり+++++++++++  
 待ちどおしぃな、、と。
 今月買った本は、、こちら、、ざっとこんな具合。。
 サンドラ、リンダ、マッケナは外せませんね。
 (★右サイドバー/2月の新刊にもUP中♪)
 
 
氷の城で熱く抱いて 上
サンドラ・ブラウン〔著〕 / 房 里絵訳

 
氷の城で熱く抱いて 下
サンドラ・ブラウン〔著〕 / 房 里絵訳


 今回の舞台は、
 雪嵐の中、燃料も食料も乏しいコテージに閉じ込められる男女という、かなりデンジャラスな設定。
 これは雪山編”ワイルド・フォレストか?!”って勝手に期待ふくらましつつ、、、
 はやく到着を待つのみ。

 
  ☆詳しいあらすじは こちら→新潮社HP


  
夜を抱きしめて
リンダ・ハワード著 / 加藤 洋子訳

 
  アイダホ州ビタールート山脈の奥深くにある平和な寒村で、若き未  亡人ケイトは小さな民宿を開きながら幼い双子を育てていた。
  ある朝ひとりの宿泊客がなぜか荷物を残したまま姿を消し、
  それから数日後、武装した怪しい男たちがやってきた……。

  と、なんだかこちらも孤立系?
  前回はずしまくりだったから~HOT度、今度こそは期待できるかしら~^^ 


 
キス・キス・キス
シャノン・マッケナ著 / ドナ・カウフマン著 / E.C.シーディ著 / みすみ あき訳 / 松井 里弥訳 / 石原 未奈子訳


  こちらは今読み中~やっと1話目、読み終えた。。
  なかなかHOT満載♪、結構露骨ですが
  、、まだピンとくるキャラのヒーローあらず、と。
  
  、、後ほど感想UPしときま~す

    
投票よろしくお願いします♪
 
 ・読書ランキングは今、何位かな?

 ・本ブログ
  
 
ピックアップ
CalendArchive
SONAの別サイト
バナナン マイ・ショップ
(お気に入り作品をジャンルごとに分類)
BOOKSちぇりーぼんぼん
(amazonにて”HOT★HOT ロマンス ①”他、カテ別に紹介中)
ロマンス関連Link
SONAのおすすめ本棚
  

~これまで読んだ中からおすすめをジャンルごとに分類、紹介しています~
サバイバルな男達


クジラの彼

和モノ自衛官ロマンス♪


          

今月のイチオシ!
   
書店リンク
- -☆―


- -Comming Soon ! - - -

5.20 ヴィレッジブックス
05年度パラノーマル部門受賞作


ハーレクイン5日刊_C
セブンアンドワイ
~無料コミュニティ~
僕も出会いたい。NOEL
おすすめリンク♪
おすすめラブ・グッズ




...いろんなグッズ紹介中です⇒ラブコスメ商品の詳細・購入はこちら

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。