Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 放蕩画家ん家に転がり込んだ公爵令嬢メリーと、その画家の両者ワケアリな恋。
 エロティカ・ロマンス大御所作家、エマ・ホリーのHOTなヒストリカルぅ―っ!!
 ティカ・ロマ大好物ですから~そりゃーもぅさっそくドキドキしつつ読んでみましたが、、。
 なんだかHOTさがいま一つそれほどでもなく・・・(=ェ=`;)
 (ぇえー、なんだコレかぁ~(そこいったか?)ってな感じで)
 主人公のあっちがだめならこれでいくかぁ~な、ええ加減作戦とか
 いまいち描写が美しいのかおブスなんか判定できないメリーのどこにヒーローが惚れたのかちょい分からんかった。彼女、鼻につくし、それほど心打たれる場面もなくフツーに感じました。
 私、もともとヒストリカル苦手嗜好ありなので、昔の料理人 光文社 Vコレクションの方がしっくりきていてやっぱり性に合ってるのねと確信~。
 ヒーローニコラスの怪しい交友図に、まさか初の三人、四人称??とヒヤッとする箇所は新鮮味があって新境地開拓の予感でしたが、やはりそこは超えちゃぁいけない領域なのね。
 (でも、読者願望としてはもっと突き抜けたホリーが読みたいと思うこの頃)


  幼馴染との結婚を四方八方から強いられた公爵令嬢メリーは、
 行き詰まった末に放蕩画家のヌードモデルになることを決意......
 互いに秘密を持ったまま次第に惹かれ合う二人だったが、
 運命の絵の完成が訪れ。。。
  

    おすすめ度 ★★★  HOT度 ★★★

+++++++++ここから ネタバレあり+++++++++++ 
[PR]....ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2009
スポンサーサイト
  
  10月発売予定文庫など、、他、いろいろ私が心待ちにしているものをピックアップ!
  10月はお楽しみ結構あってイイ感じですねっ♪
  やはり、マクノート、マクノートの”WHITNEY, MY LOVE (上・下)”は絶対はずせません~
  もぅずっとあの独特な世界にどっぷり首まで漬かっていたくなるくらい好きなシチュエーション
  毎回、毎回、成り上がり系~復讐系までどっからでも美味しく読めちゃうマクノート'sヒーロー、
  一体どんなヒーローかワクワクするぅぅーーー。
  あと、狼と鳩(上・下) /キャスリーン・E・ウッディウィスもまだ読んだことないのでぜひ読みたい。
  ヒストリカル読むと眠くなっちゃうんだけど、苦手でもこれだったらハマれるかしら~と期待して。
  その他、バンパイア・シリーズはちょい途中放棄なんで様子見ってところ。
  ともかく一にも二にも、マクノートが早く読みたいっすー(ゝ∀・) 


   *** 10/1 ハーレクイン文庫  ***
> 詳しいあらすじはこちら
   
王族の娘 (ハーレクイン文庫 182)
ハーレクイン
沢田 純(翻訳)
発売日:2008-10-01

 
レディの真実 (ハーレクイン文庫 183)
ハーレクイン
永幡 みちこ(翻訳)
発売日:2008-10-01

輝ける秋 (ハーレクイン文庫 184)
ハーレクイン
藤波 耕代(翻訳)
発売日:2008-10-01

情熱は罪 (ハーレクイン文庫 185)
ハーレクイン
霜月 桂(翻訳)
発売日:2008-10-01

大空の花嫁たち (ハーレクイン文庫 186)
ハーレクイン
霜月 桂(翻訳)
発売日:2008-10-01

一年だけの花嫁 (ハーレクイン文庫 187)
ハーレクイン
秋元 美由起(翻訳)
発売日:2008-10-01


    *** 10/3 ゴマ文庫 ***
 
瞳...閉ざされて See No Evil 上 (ゴマ文庫)
ゴマブックス
安藤 由紀子(監修)安藤 由紀子(翻訳)
発売日:2008-10-03

瞳...閉ざされて See No Evil 下 (ゴマ文庫)
ゴマブックス
安藤 由紀子(監修)安藤 由紀子(翻訳)
発売日:2008-10-03

  *** 10/4  フローラブックス ***
   7&Yicon
過激性描写の為、中国、本国で発禁になったという上海ベイビー読んでみました。
 (最近、アジアものばっか読んでる気が。。。)
 初、台湾が舞台の恋愛模様~にちょいドキドキでしたが蓋を開けてみると
 過激といってもそれほどでもなく。(・x・。)アレ?
 (”ミッドナイト・シリーズ”の方がもっとHOTと感じたけど)

 不倫・二股・大麻あり、Party好きな友人と共に自由に自堕落に本能のまま突き進む26歳のココという女性。
 なるほど、これは作者”衛 慧”がモデルなんでしょうか?
 強気で破天荒な主人公ですがどっかしら純粋で憎めないし、
 欠点さえもある人から見れば魅力的に映ってしまうのかな、、といった
 不思議な彼女&物語でした。
 
上海ベイビー (文春文庫)
文藝春秋
衛 慧(原著)桑島 道夫(翻訳)
発売日:2001-03
おすすめ度:3.5


 上海で作家として活躍していたココが出遭ったある二人の男。
 美形で気弱で繊細な彼と対照的な金髪・碧眼リッチなドイツ人マーク―。
 上海での怠惰な日常の傍ら、個性的で怪しげな仲間達と自由気ままに暮らし、、
 罪悪感を抱きつつマークとの激しい情事に次第に魅了されて行くココだったが
 最後にココが見たものとは。。。
  

    おすすめ度 ★★★  HOT度 ★★★

+++++++++ここから ネタバレあり+++++++++++  
 [PR]....DHC Q10トライアルキット
ピックアップ
CalendArchive
SONAの別サイト
バナナン マイ・ショップ
(お気に入り作品をジャンルごとに分類)
BOOKSちぇりーぼんぼん
(amazonにて”HOT★HOT ロマンス ①”他、カテ別に紹介中)
ロマンス関連Link
SONAのおすすめ本棚
  

~これまで読んだ中からおすすめをジャンルごとに分類、紹介しています~
サバイバルな男達


クジラの彼

和モノ自衛官ロマンス♪


          

今月のイチオシ!
   
書店リンク
- -☆―


- -Comming Soon ! - - -

5.20 ヴィレッジブックス
05年度パラノーマル部門受賞作


ハーレクイン5日刊_C
セブンアンドワイ
~無料コミュニティ~
僕も出会いたい。NOEL
おすすめリンク♪
おすすめラブ・グッズ




...いろんなグッズ紹介中です⇒ラブコスメ商品の詳細・購入はこちら

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。