上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーザン・E・フィリップスの20年以上前に書かれたヒストリカルですが、まあまあ面白かったです。
 リズン・グローリーという美しい農園を守るべく、男性に変装~敵地へ潜入した復讐心に燃える主人公のキットが後見人となったバロン・ケインの計らいで美しいレディへと変身させられていく様子や、
 ケインとの抑圧された激しい愛、敵愾心の狭間での葛藤など、
 かなり激しい気性のヒロイン&これまた やり手ケインの二人から目が離せなく、、最後まで一気に読めました。
 
  
愛はジャスミンの香り (MIRA文庫 SP 1-1)
ハーレクイン
スーザン・エリザベス・フィリップス(著)細郷 妙子(翻訳)
発売日:2007-10
おすすめ度:4.0

  [楽天ブックス] [セブンアンドワイ] icon オンライン書店ビーケーワン

   南北戦争が終わり、南部の令嬢キットは心の支えでもある
  リズン・グローリーという美しい農園を守るべく、
  身分を偽り農園後継者のバロン・ケインに接近するのだが。。
  憎しみはやがて避けられない情熱へと変わり、
  二人は反発しながらも激しく惹かれあって行くように。。。
   

    おすすめ度 ★★★★  HOT度 ★★

   +++++++++ここから ネタバレあり+++++++++++ 
 一番おもしろかったのはやはり前半。
 前半部分のハラハラ、ドキドキなシーン、 
 (少年に変装しケイン少佐の陣地へ潜伏、そしてついに”女”とバレるまでが特に!)
  そして後半、結婚し夫婦となり体で愛し合ってはいても魂がすれ違ってしまった二人のもどかしさはせつないものがありましたね~。
 
 それと平行し、キットの実家の家政婦ソフローニアとケインの親友マグナスの恋も思わせぶりな展開を見せるからこちらも気がかりで、、。
 だが結局、キットはリズン・グローリーに固執することを捨て、
 一旦は離れ離れのなったケインの元へ。。。。(ぇぇ~話や~.)
 ラストでは全員ハッピーエンドっていう”この、お決まり”がなんとも心地よく後読感はいい。

 又、この本を読むまで全く知らなかった綿花栽培の大変な労力の程や、
 南北戦争後の人種差別、問題、当時の背景もじっくり丁寧に書いてあるので読み応えがあり、結構堪能できました。


   BOOKSちぇり~ぼんぼん / 11、12月発売予定★新刊文庫情報★
 
   スーザン・エリザベス・フィリップス作品一覧

     
投票よろしくお願いします♪
 
  ・読書ランキングは今、何位かな?

  ・本ブログ
 
 
   Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

    Okasix(おかしっくす)
    トリエス メリーキャラメルマロンケーキ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
ピックアップ
CalendArchive
SONAの別サイト
バナナン マイ・ショップ
(お気に入り作品をジャンルごとに分類)
BOOKSちぇりーぼんぼん
(amazonにて”HOT★HOT ロマンス ①”他、カテ別に紹介中)
ロマンス関連Link
SONAのおすすめ本棚
  

~これまで読んだ中からおすすめをジャンルごとに分類、紹介しています~
サバイバルな男達


クジラの彼

和モノ自衛官ロマンス♪


          

今月のイチオシ!
   
書店リンク
- -☆―


- -Comming Soon ! - - -

5.20 ヴィレッジブックス
05年度パラノーマル部門受賞作


ハーレクイン5日刊_C
セブンアンドワイ
~無料コミュニティ~
僕も出会いたい。NOEL
おすすめリンク♪
おすすめラブ・グッズ




...いろんなグッズ紹介中です⇒ラブコスメ商品の詳細・購入はこちら

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。