上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1か月ほど前から突如、村山 由佳にはまってまして。
 切ないストーリー好きの私がここでもぜひ紹介したい作品がこちら。
 まだ2~3冊しか読んでませんが特にこの作品はこれまで読んだ数々の小説の中でもベスト5入りするくらいやばい~!!切ない、苦しいストーリー。
 HQ系抜きにして、こんなに胸が苦しくなる作品があったなんて知りませんでした。
 
 ベルリン―東京―アフリカと、ドラマティックに愛する男を追い求め世界を股に駆けたこの小説は、ある染色技術を学ぶために、いろんな国を訪れている”飛鳥”という日本女性と、アフリカ在住カメラマンのロマンス。
 ケニアのサバンナへ女一人旅というその行動力(レイプ未遂というハプニングがあったり)危険も覚悟の上、いちかばちか行ってみる飛鳥のバイタリティ、心意気がまず好感持てる。
 が、ケニアで再会したカメラマンとの愛は儚くて、、切なくて、、
 中盤からの展開とエンディングにはボロ泣きでした
 それはそれは見事に希望を打ち砕かれ切な過ぎ。
 
 美しく壮大なアフリカでこんな風に愛を育めたら、女としてシアワセだけど。。。
 やっぱ切ない~(TmT)・・・
 
野生の風 WILD WIND
集英社
村山 由佳(著)岩合 光昭(写真)
発売日:1995-03-24
おすすめ度:4.5

[楽天ブックス] [セブンアンドワイ] icon オンライン書店ビーケーワン


    西ドイツ―べルリンの壁の崩壊の夜に運命的な出会をした
   ”飛鳥”とカメラマンの”藤代一馬”
   一度はそこで別れてしまった二人だったが、飛鳥は悩んだ末にアフリカに行くことを決心する。
   単身向かったアフリカで再び運命的な出会いをした二人だったが
   東京―アフリカ―を架け愛を育み始めた彼らには、
   ある残酷な運命が待っていた.....。
   

    おすすめ度 ★★★★★  HOT度 ★★★

   +++++++++ここから ネタバレあり+++++++++++ 
 これまで読んだ中で山田詠美の「ベッドタイムアイズ」、「ガラスの靴」を超えそうな切な度です。
 まず最初は飛鳥視点で、一体これまでになにがあったのかが淡々と進んでいき、
 初めてベルリンで出会った二人のいきさつ~いったんは東京へ戻った飛鳥が再度アフリカ行きを決意し、単身ツアー、そこでおこる現地ガイドに襲われそうになったり、様々なアクシデント後―彼との再会―そして愛の成就、
 そしてやがて最後に訪れる思いがけない”事実”はかなり衝撃的!
 しだいにのめり込んでしまうこと必須の作品です。
 都会から逃れアフリカでの蜜月をそのまま封印してあげたくなっってしまう。
 できることなら幸せなあの時のままで時間を止めてあげたい、、
 そんな切ない二人に感情移入しっぱなし、胸が痛くなる物語でした。

 飛鳥に起こった悲劇というのは、彼女の高校時代からの友人が一方的に彼を好きで
 (ある過ちにより)彼の子供を身ごもり、さらにその子はある障害を抱え、
 一馬は自分の罪の意識から飛鳥を諦め、思いを残したまま別れる決意をする二人
 という内容なんですが、一馬の行いを責めるわけにもいかないが運命はなんて残酷!と思ってしまう。
 
 あと、別れの場面(空港のシーンと、ラストの飛鳥宅での別れ)がむちゃ切なく
 涙が溢れてきます。   
 このどちらのシーンも切ないが、特に心臓がぎゅーーっと痛かったのは
 お互いに離れる事ができないほど愛し合った後、
 彼の為を思うあまり別れようとすれ違いのまま日本へ飛び立とうと空港に向かった飛鳥を、いち早く察した一馬が止めに駆けつけた、大懇願シーン!!
 こんな風にやたれたら女はもう~なすがままです...。
 東京へは戻りません、一生ついてきますよーー((⊂((〃≧⊥≦〃))⊃))
 一馬の男泣きのセリフがまた泣けるo(;△;)o
  
 アフリカでプロのカメラマンらしく仕事に徹する一馬はそれはもう~業界憧れの魅力的、精力的に仕事をこなすプロでまさにこの二人はお似合いなのに、、
 中盤で二人が結ばれる官能的なシーンもHでツボなんです。
 「意外と彼は技師だった。」
 と、あとで飛鳥が言っているように愛し合うシーンは特に一馬が精力的でメロメロで、、
 仕事と愛の技巧に巧みな一馬、ほんと、(゚・゚* ホレボレ
 思いの外、村山作品の”愛のシーン”は上手いです。 

 ヒロイン、飛鳥も1人でアフリカまで行ってしまう大人だし、
 世界を股にかけた大恋愛は読み応えあり覚悟いるほど切ない。
 大自然サファリの雄大な自然と彼らの悲恋がマッチしてればしれるほど、、
 呆然となってしまぅ、、、
 しばらく脳裏に焼きついて離れない作品でした。

  BOOKSちぇり~ぼんぼん / 11、12月発売予定★新刊文庫情報★
 
   村山 由佳 作品一覧

     
投票よろしくお願いします♪
 
  ・読書ランキングは今、何位かな?

  ・本ブログ
 
 
   Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)  
  ~有名料亭の味をそのままご自宅に~
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
「村山由佳」の感想
「村山由佳(むらやまゆか)」著作品についての感想文をトラックバックで募集しています。 *主な作品:おいしいコーヒーのいれ方、星々の舟、天使の梯子、すべての雲は銀の…、約束、天使の卵 エンジェルス・エッグ、翼 cry for the moon、もう一度デジャ・ヴ、楽園のしっ...
ピックアップ
CalendArchive
SONAの別サイト
バナナン マイ・ショップ
(お気に入り作品をジャンルごとに分類)
BOOKSちぇりーぼんぼん
(amazonにて”HOT★HOT ロマンス ①”他、カテ別に紹介中)
ロマンス関連Link
SONAのおすすめ本棚
  

~これまで読んだ中からおすすめをジャンルごとに分類、紹介しています~
サバイバルな男達


クジラの彼

和モノ自衛官ロマンス♪


          

今月のイチオシ!
   
書店リンク
- -☆―


- -Comming Soon ! - - -

5.20 ヴィレッジブックス
05年度パラノーマル部門受賞作


ハーレクイン5日刊_C
セブンアンドワイ
~無料コミュニティ~
僕も出会いたい。NOEL
おすすめリンク♪
おすすめラブ・グッズ




...いろんなグッズ紹介中です⇒ラブコスメ商品の詳細・購入はこちら

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。