上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 夫から突然、好きな人ができたと離婚されたマギーが再び惹かれた男性―
 
 それは初恋の人の息子だった....


”恋するときめきもういちどあなたに”

 ..とありますが。
 確かにあの感じ...恋が上手く成就するかしないか~の綱渡り状態のドキドキ感、
 高揚感が味わえます。
 誰しも経験あると思いますが。
 主人公マギーが息子ほどの年の差の相手に恋してしまったというためらい、怖気ずく様子がリアルに伝わってはなんとも独特の雰囲気が漂ってます。
 さらにカナダの自然美の美しさと、マディソン郡の橋に若干類似したある種の切なさと追憶がない混ぜになり..胸に響いてくる..。
 中年になってもこんな恋愛ができる、求められるマギーって女性として幸せだろうな~って部分半面、(全くその母親視点には触れられてないが)その息子の母親の立場から考えたら辛くて惨めだろうな、、、と思わずにいられない、現実にはまずありえないような夢物語”年の差恋愛作品”。
 後半のエリオットのプライドによる仕打ちには、ちょい、ジーンと来ちゃいましたが。
 あのドキドキを堪能してみたい方に―。  
 
ハーヴェスト・ムーン
新潮社
K.C. マキノン(著)K.C. McKinnon(原著)小沢 瑞穂(翻訳)
発売日:1998-11
おすすめ度:5.0

  
  夫から突然、好きな人ができたと告白され、
  四十代半ばにして独りになったマギー。
  昔バイトをしていたカナダの小さな町に旅立ったマギーが出会った奇跡―
  それは初恋の人の息子だった…。
  

    おすすめ度 ★★★★  HOT度 

   +++++++++ここから ネタバレあり+++++++++++ 
 
  若き日に過ごした湖畔の街で昔の恋人の息子(なんと22歳年下)と恋に落ちるという
  正直、これを読む前はこれほど年の離れた恋愛が成就するものか、、
  きっとひと夏のお戯れ回想録―となってるのでは?と疑問でしたが。
  (現にマディソン郡~ではそうだからてっきり同系種かと)
  答えはすぐ出ます、マギーはあれこれ後悔するけれど所詮、身から出た錆。
  どちらかというと、精神的に大人なエリオットの真っ正直な一途さに泣かされてしまいます。

  若き日に過ごした湖畔の街で、親友と共に当時のようなダンスパーティー再現を計画し、
  オーナーとして夢を託し実現に向け頑張るマギーの元へ
  仕事目当てでやって来たかに思えたエリオットだったが、
  実は彼にはある目的が。
  ここでエリオット父はすでに他界、ずっと父の取ってあった手紙を読んではマギーへの想いを募らせていたという、なんとも切なくなるストーリー。
 
  ここでまず、エリオット(初恋の相手の息子)の告白がズギューンと直撃

  ただ仕事が欲しくて来たんじゃない あなたがどんなひとか
  父が母と出会う前に愛したひとに合ってみたかった、、
  手紙読み返し、今では生きている誰よりも僕のほうが良く知ってる


  ...と、軽~くジャブ。
  こんなセリフ言われたらヤバイ、特に傷心マギーには堪えるかも~
  これを聞いてマギーは二人の間に距離を置こうとするが、
  「聞きたいことがあるんです、あなたが僕をさけてる理由」
  なんて言われる羽目に...。

  逆にエリオットはその日から姿を見せなくなり、気になるマギーが夢の完成と共についに我慢しきれず会いに行き―。
  ついに結ばれるシーンは感動的!!エリオットの欲情と熱意の篭った言葉が
  これまた泣ける、泣けるんです(T-T )

  成人した娘達までいるマギーではあるが一人の女、
  女の部分が目覚め、、しかも初恋の人とうり二つ(いや、それ以上にハンサム)なエリオットにどんどん惹かれ歯止めが利かなくなってしまう....
  この不安などうしようもない、いても立ってもいられない気持ち分かります、
  これほど求められているのに逃げることしか出来なくなってしまう恐怖感?
  相手が真剣であればあるほど二代に渡って同じ人を愛することへの恐怖と葛藤で苦しくなるのはまだ分かるが。

  ついに体重ね、一夜明け気が変わらないうちに、元の平凡で退屈なカンザスシティへ戻ろうとするなんて。。
  
  さすがのエリオットもこれには失望、

  「あなたに失望した  」
  ...と、ダンスのときに渡すつもりだった手紙託し帰っていくエリオット。
  すごくみじめです。
  (みじめなんだけど、ここでもエリオットはイイ台詞吐いてるんだな~♪
   んもぅ、どうしてこんな成熟しちゃってんのかしら^^)
  
  HQ等でもよくあるパターンですよね、こういうの。
  そこがちょっと許せない、逃げたらあまりにもエリオットの熱意を踏みにじってはいないか?! 父にやったのと同じ繰り返し!もしかしてこのままフェイドアウトする気?..ってハラハラ不安にさせられ、
  最後にマギーは一旦、考え直し彼の元へ飛び込む、、、というHAPPYなオチ。
  この、ラスト付近は一番気を揉みました。
  でもHAPPY ENDとはなってもその後気になったのは、
  エリオット母やマギー家族達はどう感じたのかということ。
  あえてそうしなかったのは、あくまでも美しい夢物語で留めておきたかったからかもしれませんね。 
  年の差、切ない系好きの方におススメです!
  

  +..。゚+..。 エリオット ★名台詞 .。゚+..。 
 
「少女のようにおびえてコーヒーをこぼしたあのときから。
ずっとあなたを抱きしめたかった... 」


 
投票よろしくお願いします♪
 
 ・読書ランキングは今、何位かな?

 ・本ブログ
 


  [7&Y] あなた好みの大恋愛が必ず見つかる♪.....ハーレクイン 20日刊
icon
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
( 恋愛作品 )についての最新のブログのリンク集
恋愛作品に関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…
恋愛作品 を一語で検索
恋愛作品での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。
ピックアップ
CalendArchive
SONAの別サイト
バナナン マイ・ショップ
(お気に入り作品をジャンルごとに分類)
BOOKSちぇりーぼんぼん
(amazonにて”HOT★HOT ロマンス ①”他、カテ別に紹介中)
ロマンス関連Link
SONAのおすすめ本棚
  

~これまで読んだ中からおすすめをジャンルごとに分類、紹介しています~
サバイバルな男達


クジラの彼

和モノ自衛官ロマンス♪


          

今月のイチオシ!
   
書店リンク
- -☆―


- -Comming Soon ! - - -

5.20 ヴィレッジブックス
05年度パラノーマル部門受賞作


ハーレクイン5日刊_C
セブンアンドワイ
~無料コミュニティ~
僕も出会いたい。NOEL
おすすめリンク♪
おすすめラブ・グッズ




...いろんなグッズ紹介中です⇒ラブコスメ商品の詳細・購入はこちら

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。