上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今回のマクノートは、初の邦訳ヒストリカルでリージェンシーもの。
 上下合わせて結構長いわりには 山アリ谷あり泣き笑い、、
 途中、じれったさも交えつつハラハラしながら最後まで一気に堪能できました。
 出会い~陰謀~誤解~結ばれた後のすれ違い、、等等、
 ドラマチックさではマクノートにかなう者なしといたっところ、感無量です。
 ヒーローの魅力良し、美人で聡明なヒロイン良し、
脇役も良し(ラブラドール/シャドウ)良しーー
 、、いろいろ気を揉ませた分、もはやお馴染みの”パラダイス~”風ゴージャスな設定で
 またまた今回もうっとり~とさせてくれるのがこの本の醍醐味ですね♪
 

 楽天ブックス/ 7&Y/icon bk1/

  楽天ブックス/ 7&Y/icon bk1/

  あるスキャンダルから社交界を追われ、
  田舎暮らしをしていた19歳のエリザベスの元へ舞い込んだ3組の縁談。
  その3人目の男”イアン・ソートン”彼こそはエリザベスの評判を傷つけた本人だった!
  勇気をふりしぼりスコットランドを訪ねるエリザベスは見たものは一体、、?
  ある手違いから、憤然と驚くイアン・ソートンとの生活が始まることに。。。 
  

    おすすめ度 ★★★★★  HOT度 ★★

   +++++++++ここから ネタバレあり+++++++++++  
 

よかった、良かったです、、やっぱマクノートは読ませて泣かせて心にジーンと響きますよ。
 なんたって~ヒーロー、ヒロインとも素敵なんですが特に、
 男前イアンの包容力と深ーーーーい愛、キメの一言がまた今回もツボに入ってしまい、
 今回も自然に涙がこぼれます。
 それにしても一筋縄じゃいかないいろんなことがあり過ぎた、、、(再読しなくちゃ忘れそうなほど)。
 貴族の血を引きながらある事情から平民として生き、
 腕一本でやり手貿易商&凄腕ギャンブラーとして社交界で知る人ぞいないイアン。
  森のコテージでの逢瀬~スコットランドのイアン宅での再会―婚姻―さらに逃亡ー
 別居、、互いの感情の誤解、祖父との確執、、、、

 と、辛いことの割合が多かった分、ラブラブ期間は超メロ甘~!でやっと一息つける、、
 この安堵感は、ほんと読んだ人にしか味わえませんて
 
 互いにこんなにも想っていながら数年のブランクを経てから初めて結ばれるというパターン、
 じれったいです、長いです、殴りこみにいきたくなります(パラダイス~と流れが似てる気が)が、
 それでも私は好き。
 
 ヒーローヒロイン、強いだけじゃなくどうしようもない人間臭くい弱点あったり、
 長所も短所も全部ひっくるめて生き生きと描かれ好感持てるし。
 特にヒーロー像は毎回、素敵なので”今度はどんなヒーロー?”というお楽しみもかなり占めてます。

 中でも、まず一番泣けたのは、、、

 昔、家族を家事で失うという辛い過去の体験上、
 二度と愛する者を失いたくないイアンの前から(不本意ながらも)逃げ出してしまった
 エリザベスにの裏切りに相当傷つき、
 許すか、、許せないか憔悴するほど葛藤の末、スコットランドへ向かい―
 懐かしのコテージでついに探していた彼女と劇的再会の場面。
 何度も何度も

 「すまない」 「すまない、、」と謝罪するイアン、、、

 自分のプライドより愛を選び一歩前進しはじめたイアンが泣かせてくれます。
 ほかにも多々ありすぎてどれもいいんですが、この場面が特に感動でした(*´;ェ;`*)

 ヒロインも優しく聡明で強くて、、何より裁判にかけられたイアンの無実を晴らそうと
 一生懸命、無い知恵しぼって奮闘するあの勇気はお見事です。
 手に汗握る、、とはあのこと(←かなりビクビク)
 
 それにしてもエリザベスのヒドイ兄と叔父、特に兄。
 あのまま逃げさせたらまた金の無心やらいろいろ不安材料尽きないというのに
 ほったらかしていいんかいの?
 ま、憎らしくてしょうがなかった彼らで苦労させられた分、
 二人が最後は誤解も解けHAPPYに、、、
 エピローグではこれまた利発そうな息子に恵まれ、幸せそうなんで許せますが。
 
 もちろん、読後はリッチで幸せ、ゴージャスな幸せ気分になります。
 まさに私の好きな点はそこ、そこなんです。
 この時代にあってまたメロメロ~に甘やかすイアンのゴージャスさといったら。。。。
 んもう~~(★>U<★) 一旦、売った屋敷まるごと買戻したり、宝石&ドレス買い漁り、
 婚姻契約もエリザベスの条件に全服従~、、って甘すぎだよ(笑)

 勿論、ラブラブ・シーンも甘い^^

※見かけと違い初心なエリザベスがあまりにも緊張してるんで
   この”初めてのてほどき場面”、
   HOTさよりもイアンの大切な気持ちがひしひし伝わってきてイイです。
  
  このヒーロー、あとがきによると本国ファンのウェブサイトでは
  マット・ファレルに次ぐ、堂々2位だったとか。
  やはり私も現代ものの方がとっつきやすいし
  マットのあのゴージャスさが大好き、今のところはNo1、、かな。
  でもこのイアンもかなり好き。
  さらにできればイアンの親友、ジョーダン&アレックスの馴れ初め作品もあったらいいのに。
  ぜひ読んでみたくなっちゃいます。

  さて、次回作もどんなヒーローか気になるところですが、
  次回は、ジュディス・マクノートの代表作ともいえるヒストリカル・ロマンス、
  Whitney, My Loveとのこと。
  昔のイギリス貴族臭漂ってますね~一体どんなヒーローが登場するか、、、
  またまた期待できそうですね!  
   

     +..。゚+..。 イアン・ソーントン 名ツボ台詞 .。゚+..。  

 
   「きみの助けを借りて、自分を赦せるようになりたい。 」

  
  コチラも参考に>過去レビュー記事→パラダイスを君に 上・下/ ジュディス・マクノート
  (甘くてゴージャスな私の大好きヒーロー、マット・ファレルが登場します)


投票よろしくお願いします♪
 
 ・読書ランキングは今、何位かな?

 ・本ブログ
 
 
 ■↓↓↓↓こちらも見逃せない↓↓↓↓
   「その道のプロ」が選んだこだわりの生活用品、スタイル、空間。
    【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!
    【ポイント最大10倍】彼のハートを射止めるバレンタインギフト満載!

  
投票よろしくお願いします♪
 
 ・読書ランキングは今、何位かな?

 ・本ブログ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
ピックアップ
CalendArchive
SONAの別サイト
バナナン マイ・ショップ
(お気に入り作品をジャンルごとに分類)
BOOKSちぇりーぼんぼん
(amazonにて”HOT★HOT ロマンス ①”他、カテ別に紹介中)
ロマンス関連Link
SONAのおすすめ本棚
  

~これまで読んだ中からおすすめをジャンルごとに分類、紹介しています~
サバイバルな男達


クジラの彼

和モノ自衛官ロマンス♪


          

今月のイチオシ!
   
書店リンク
- -☆―


- -Comming Soon ! - - -

5.20 ヴィレッジブックス
05年度パラノーマル部門受賞作


ハーレクイン5日刊_C
セブンアンドワイ
~無料コミュニティ~
僕も出会いたい。NOEL
おすすめリンク♪
おすすめラブ・グッズ




...いろんなグッズ紹介中です⇒ラブコスメ商品の詳細・購入はこちら

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。