上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壁の花シリーズ、(なんかすごいタイトル~)思いつつ、、
 ぐいぐい、、と自分も壁の花仲間のあまりの楽しいお喋り&素敵な主人公たちに引き込まれてしまった作品でした。

 あっというまに読めて、このシリーズ、かなり好きです。
 
ひそやかな初夏の夜の (ライムブックス)
原書房
Lisa Kleypas(原著)平林 祥(翻訳)
発売日:2006-06
おすすめ度:4.5

   イギリス社交界の”壁の花”アナベル--
    果たして 意中のあの人は。。。?


  おすすめ度 ★★★★★  HOT度 ★★★★

    +++++++++ここから ネタバレあり+++++++++++
  ・・もうすぐ四年目の社交シーズンが終わろうとしている。

  、、焦るアナベルと、偶然、知り合った三人の”壁の花”達の会話が絶妙に面白いこの作品。
   (特にアメリカ娘のボウマン家、リリアンが、、)

  もちろん、ヒーローサイモン・ハントもイカシテます。

  (このサイモン、クールで社交界ではちょっと浮いてる存在、
   裕福な投資家も当時はまだ認められたわけではなく、
   アナベルも避ける、、無視する、、シカトする。。。)
 
  が、それでも
  狙いを定めていたという ツワモノさんでございます~
(しかも二年間も。。。)

  アナベルのせかっくの美貌も、
  18世紀末のイギリスでは持参金がないと、
   誰も結婚を申し込んではくれません。。。
   (なので壁の花、、だったわけですが。)
   凄く厳しい世界だったのね、、、。
  
    
 次第に大親友へとなる この仲間のある作戦で、
 貧しい生活から脱出すべくウェストクリフ伯爵のパーティーへ潜入することに。。。

  蛇にかまれたり、
  草原で女子だけの下着姿でラウンダーズ、、、
  (かなり大胆なところも 見られちゃったり、、)

  ここでサイモンのとっさの手厚い処置はナイスです。。
  まさに理想。。。
  
   皮のアンクルブーツも、そっと送り届けたり。。

   ”チェス”のてほどきあたりからの”メロメロぶりも~”
   それはそれはもぅ~優しいサイモンに、、。
   
   それに反して、
   ホッジハムのオッサン、サイテーーーーです
   母親にあんあことするなんて、、、。
   
    
   最後にサイモンがとどめ刺したから良かったけど。。

   晴れて結婚してからは かなりラブラブ、、
   愛が”あちらこちらで”溢れて、、妬けるくらいです(笑)

   途中、工場の爆発事故で
   アナベルが迷わず飛び込んだところは火の海、、、。
   しかも、サイモンは諦め、、、
   「逃げてくれ!! 」

    それでも勇敢に助けだそうと必死のアナベル。。
    そこへウェストクリフ伯爵が来て、なんとか間に合うのですが。。
   
   自分も果たしてそうできるかどうか考えてしまいます、、、。
   あの勇気と深い愛には、ただただ感動しました。(涙)
   ほんとに強い女性です。おすすめ。

   ・・で、もうすでに次回作も 早く読みたくてしょうがないんですが、
   待ちきれないーーーーーーーーーー。
   次回はいつ?!ヽ(●´з`)ノ 

    
投票よろしくお願いします♪
 
 ・読書ランキングは今、何位かな?

 ・本ブログ
 
  
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
ピックアップ
CalendArchive
SONAの別サイト
バナナン マイ・ショップ
(お気に入り作品をジャンルごとに分類)
BOOKSちぇりーぼんぼん
(amazonにて”HOT★HOT ロマンス ①”他、カテ別に紹介中)
ロマンス関連Link
SONAのおすすめ本棚
  

~これまで読んだ中からおすすめをジャンルごとに分類、紹介しています~
サバイバルな男達


クジラの彼

和モノ自衛官ロマンス♪


          

今月のイチオシ!
   
書店リンク
- -☆―


- -Comming Soon ! - - -

5.20 ヴィレッジブックス
05年度パラノーマル部門受賞作


ハーレクイン5日刊_C
セブンアンドワイ
~無料コミュニティ~
僕も出会いたい。NOEL
おすすめリンク♪
おすすめラブ・グッズ




...いろんなグッズ紹介中です⇒ラブコスメ商品の詳細・購入はこちら

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。